育毛剤のメリットとデメリットを考える

性別年齢問わずに見た目の美容を考えるうえで、頭皮の髪の毛が薄くなる薄毛の問題は悩みの種といえます。薄毛は一度進行を始めると自然に止めるのは難しいので薬を使う必要があるのですが、その薄毛の進行を止めるのが育毛剤の役割です。

育毛剤の効果の前になぜ抜けるのかを考える

育毛剤の効果の前に、なぜ毛が抜け落ちるのかを知っておくことが大事です。そもそも人間の毛は自身では気づかない形で毎日抜けては生え変わるというサイクルを繰り返しているのですが、そのサイクルのことを毛周期といいます。毛周期がしっかり流れていると、たとえ毛が抜け落ちたとしても次の毛が伸びてきているので2日から3日程度で完全に伸び切ります。しかし毛周期は脳から分泌される男性ホルモンの活動によってコントロールされているので、一度ホルモンバランスが崩れると毛周期も同時に狂いが生じてしまいます。その狂いが薄毛の原因であり、毛が抜け落ちて新しい毛が伸びそして再び落ちることが理想の流れが新しい毛が伸びる期間が少なくなることで進行してしまうのです。

育毛剤を使用することによる毛への仕組み

薄毛にになる原因は男性ホルモンが原因なのですが、男性ホルモンは全身の細胞の活動のスイッチとなるため基本的に必要なものではあります。ただ生活環境の乱れや遺伝の関係によってホルモンの分泌量にも違いが発生してしまうことに加えて、頭皮は重力によって血行障害が最も受けやすい部分なので栄養不足になり抜け落ちてしまいます。この流れを食い止めるために育毛剤の必要なのです。育毛剤の中には、薄毛の原因となる頭皮や髪の毛の毛根に対して栄養が添加されており、頭皮に塗ることで毛根にしみこみ元気を取り戻させます。さらに育毛剤の中には高ホルモン剤が少量含まれており、その効果によって男性ホルモンの活動を落とすことで毛が抜け落ちる速度を落とすことで毛が生えるのです。

育毛剤は使うべきだが使い過ぎには注意がいる

先に言ったとおりに薄毛というのは栄養不足とホルモンバランスの崩れによっておこるものであり、栄養不足はなんとかできてもホルモンバランスの乱れは簡単には戻らないので一度進行すると元に戻りづらいです。そのため少しでも髪の毛が薄くなったと感じた時には、見た目の美容を考えて迷わず育毛剤を使うことが良いです。しかし育毛剤を使用する場合覚えておく必要がある注意点があります。そもそも育毛剤の中には栄養成分だけでなく化学薬品も含まれているため、個人差はありますが使用するとかゆみなどのアレルギーを出る場合があります。そのため使用前には必ず反応が出てもケアがしやすい手の甲に使ってみて様子を見て使用することが望ましいです。さらに抗ホルモン剤なので使いすぎると代謝を落としてしまうリスクがあるので、性別問わずに使用する際には1週間に一度ペースで使うことが望ましいといえます。